包茎を治すための包茎手術

包茎手術の流れを知る

余裕を持って包茎手術をするために流れを知る

安心して包茎手術を行うには、一連の流れを知っておくと良いでしょう。クリニック選びでは、いくつか押さえておきたいポイントがあります。自分に合ったクリニックを選んだら、カウンセリングで医師に不安点・疑問点は質問すると良いです。どんな仕上がりにしたいかなどを相談して施術を行うと満足のいく結果になるでしょう。

READ MORE
包茎手術の特徴

包茎手術を行う際の様々なメリット

包茎手術は、痛みを伴い傷跡が残るという考えをしている人は多いです。しかし、最近ではそんなことはなくなっています、自然に仕上げることができ、痛みを感じることもないでしょう。時間も短時間でメリットがたくさんあるので、悩んでいるのなら包茎手術を受けてみてはいかがでしょうか。

READ MORE

包茎手術で悩みをなくす

包茎手術は出血がほとんどない

包茎手術の際に使用される電気メスは、切断面を高周波電流で止血しながら切るので出血はほとんどありません。また、麻酔を使うので痛みによる恐怖感はなく気軽にできることを把握しておきましょう。

傷跡が目立たない位置を選んで切除する

包茎手術をしても傷跡が気にならない理由は、目立たない位置を選んで切除するので傷跡が目立つ可能性が低くできるからです。ただ、目立たない位置は人によって違うので、包茎手術の経験が豊富な医師に行ってもらいましょう。

最近の包茎手術は修正することが可能

包茎手術のメリットには、施術に満足いかない場合には修正することができます。ですから、満足ができなかった場合は、我慢せずに医師に相談しましょう。患者のことを考えている医師なら、きちんと満足するまで対応してくれます。

包茎に関する知識

多くの人が悩む包茎のこと

包茎とは、亀頭に包皮が被っている状態のことですが、病気などではないので体に支障がでることはないでしょう。ただ、見た目などでコンプレックスに感じることが多い箇所でもあります。もし、コンプレックスに感じているのであれば包茎手術を考えてみてはいかがでしょうか。

包茎になってしまう原因

包茎になる原因はいくつかあります。その多くは、遺伝が原因とされています。しかし、包茎の種類によって先天的や後天的な原因と言えるでしょう。

包茎で多くの人悩む仮性包茎

包茎になっている人のほとんどが仮性包茎です。この仮性包茎は、平常時は亀頭が包皮に被っています。しかし、勃起すると自然に亀頭が露出するタイプになります。仮性包茎の人は、亀頭部が刺激に弱く敏感になり包皮が陰毛を巻き込んでしまうという注意点が起きてしまうのです。

亀頭の露出ができない真性包茎

真性包茎は、包皮口が狭く亀頭を露出することができません。包皮を引っ張られることにより痛みを伴う場合もあります。さらには、排尿に支障がでてしまうこともあり、不衛生な状態になるでしょう。真性包茎であれば、横浜などにあるクリニックで早期の治療を行う必要があります。

包皮口が狭く亀頭や陰茎を圧迫するカントン包茎

カントン包茎は、通常時であれば亀頭を露出することができます。しかし、勃起状態の時には包皮口が狭く亀頭や陰茎を圧迫してしまい循環障害が起きてしまうのです。そのため、このまま放置してしまうと亀頭が壊死してしまう危険性もあるので注意して下さい。

【広告】
レビトラで勃起不全を解消
満足できる勃起を取り戻す取り組み方法

【広告】
福岡でシアリスの薬を出してもらおう
ED治療に必要な薬の料金確認!

千葉で包茎手術を受けたいなら要チェック!
優良医院をピックアップ☆

広告募集中